Soyoshi JP

水素水サーバーについて

水素を分子の状態で豊富に含んでいる水を水素水といいます。

最近各方面から注目を浴びています。

水素の量が決定的に違います。 水道水に水素は全く入っていません。アルカリイオン水は0.05~0.2ppmです。当社で扱っている水素水サーバーは、それ以上の能力で生成し溶存していいます。また、当社で扱っている水素水サーバーで生成された水素水は、体の中に存在するお水(生体)に非常に近い中性領域に保っているため、吸収されやすい水素水なのです。

水素の量が違います。 水素は原子番号1の“世界で最も小さな原子”ですので、ほとんどどこでも通り抜けます。その為、容器に入れておくことでどんどん水素の量が減ってしまいます。 水素水サーバーの場合は、できたての水素水をすぐに飲むことができます。 また、当社では長期保存可能な専用のアルミの容器なども提供しております。

還元水は水を電気分解してできたアルカリ水のことを言います。先に説明した「還元」と文字は一緒ですが、「還元水」と「還元」は意味が違うので混乱してしまいますが、還元水=水素水ではなく、電気分解されたアルカリ水のことを還元水と言います。

1~1.5リットルです。(H2バッグ2~3杯分) 人間は1日に2.5~3リットルの水分を汗、尿などで対外に排出しています。ですから、同量程度の水分補給は必須です。食事などでの摂取もありますから、お水としては1~1.5リットルを摂取するのが理想的です。1回に飲む量は150~200ml程度で良いのですが、こまめに分けてお飲みください。

大丈夫です。お薬に何らかの影響をあたえることはありません。

温めてゆくと水素濃度は低下してゆきますので、出来る限り低温の状態でお飲み下さい。冷たい水が苦手な方は常温でも大丈夫です。

電気分解により水素を生成しているので、作り立てをすぐに飲むことができるからです。水素は抜けやすく熱や衝撃にも弱いので、出来たての水素水をすぐに飲むことをお勧めします。

水素水サーバーの酸化還元電位は、およそ-350mV(ミリボルト)~-450mV位になります。※酸化還元電位(ORP)とは、その物質が他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを表す指標です。

水を電気分解して水素を発生させ、水素をタンク内に何度も循環させることで、濃い水素水を生成するタイプのサーバーと、吐出口の少し前で水を電気分解して水素を発生させるタイプのサーバーがございます。

液体と固体で大きな違いはないので、水素が抜けていくことに変わりありません。水素水へ水道水を凍らせた氷を入れることは、濃度がさらに低下しますので避けて下さい。

Solverwp- WordPress Theme and Plugin